施術の流れと利用者へのアドバイス

ウルセラを使った施術は、初診当日であっても受けることができます。大まかな施術までの流れは、以下のようになっています。

照射可能な部位

クリニックへの来院(問診&カウンセリング)
ウルセラを使う施術の前は、必ず医師による問診が行なわれます。また、事前にはカルテの記入が必要となるので、アレルギーの有無や肌質に関する項目は、できるだけ詳細に記入しておきましょう。症状や悩みに応じた施術を、医師がプランニングしていきます。疑問や質問がある場合は、このカウンセリングの間に行なうと安心して施術へと移れます。
施術前の準備(メイク落とし&洗顔)
施術前は、身につけている貴金属類やアクセサリーは外して、洗顔やメイク落としを行ないます。
クリニックには洗顔料やメイク落としもそろっていますし、自分で持参してもOKです。
皮脂汚れや化粧品による油分が落とせたら、あとはリラックスした体勢で施術にのぞみましょう。
施術開始から終了
ウルセラを使った施術は、30分~40分程度となっており、テスト照射後、異常がないことが確認できたら本番となります。麻酔が必要な方は、この段階で行なっていきます。次に、照射箇所を明確にするために、肌表面へのマーキングを行ない照射していきます。施術中は、細心の注意をはらいエコー画像を確認しながら照射を行なっていきます。医師やスタッフが、ショット数をカウントしてくれるのでどの程度の進行具合か判断することもできます。照射が終わった後は十分に冷却を行ない炎症止めのクリームを塗布して完了です。
帰宅(施術後の過ごし方)
施術後は顔のほてりを感じたり、引きつったような違和感を覚えることもあるでしょう。ですが、30分~1時間程度で治まっていきます。傷が残ることや大きな腫れも起こらないので、施術後にメイクを行なうこともできます。当日の予定がない方であれば、スキンケアと日焼け止めで肌を保護すれば十分でしょう。入浴に関しても、その日から可能となっています。